資料ダウンロード

SDPF(Smart Data Platform)

フォームに必要事項をご記入いただき「送信する」ボタンをクリックしてください。

DXの最終的な目標は、経営判断を迅速化して競合との競争を有利に運んだり、新しい事業を創出すること。そのためにはビジネスデータを利活用し、新しいビジネス価値を発見することが重要です。
業務やビジネスにおけるさまざまな課題に対し、入手可能なあらゆるデータを適切に分析し、解決策を見出す必要があるのです。

データ利活用に必要な収集・蓄積・活用(統合/管理/分析)の機能をお客さまの用途やニーズに合わせ柔軟に組み合わせてワンストップに提供できるSDPF。本誌では、SDPFの最新情報をご紹介します。

  1. DXの成功はデータの利活用がカギ
  2. NTTコミュニケーションズが考えるデータ利活用の姿勢とは?
    (経営での活用/業務での活用)
  3. データと価値をつなぎデータドリブンでDXを実現するSmart Data Platform
  4. Smart Data Platform 「収集/蓄積/管理・分析」サービスラインナップ
  5. ネットワーク:収集
  6. IoT:収集
  7. クラウド/サーバー:蓄積
  8. データ利活用:管理・分析

SDPF(Smart Data Platform)を基軸に顧客のDXを支援するNTTコミュニケーションズの取り組み_資料画像

 

※Eメールアドレスの入力間違いにご注意ください。

このページのトップへ